信太のボクシングカフェ

信太のボクシングカフェ

ボクシングが大好きです。大好きなボクシングのおもしろさを、たくさんの皆さんに伝えたくてブログを始めました。アマチュアボクシングを教えてるので、練習方法や基本なども書いていきます。

wowow DAZN

1/18東京オリンピックボクシング代表候補についての情報。訂正。

ボクシング日本代表、カザフスタン合宿から帰国。

www.sponichi.co.jp

2020/1/18、ボクシングのオリンピック日本代表選手団が、カザフスタンの合宿から帰国しました。世界のトップレベルの選手にもまれ、日本代表選手団にとってとても有意義な合宿になったようです。

今後の予定としては、1/21〜1/30まで、ナショナルトレーニングセンター(東京・北区)にて最終合宿(うち1/28にメディア向けの公開練習)、1/30に中国・武漢に旅立つとのことです。

しかし武漢は今、新型コロナウィルスが猛威を奮っているそうで。。。本当に大丈夫でしょうか。

日本ボクシング連盟HPにて、アジア・オセアニア大会は3/3-3/11の日程でヨルダンの首都アンマンで実施されることが発表。

その記事なんですが、後半に気になる部分が。

 

【以下、1/18スポニチの記事より】

日本連盟はこの日、東京五輪における男子4・女子2の開催国枠が、予選で獲得した出場枠とは別に与えられると誤って解釈していたと公表。予選で出場枠を獲得した分だけ開催国枠が減ることになり、代表選手にもこの日までに通達したが、堤は「自力で(予選で)枠を取ることしか考えていない」と言い切った。

 

なんだそうです。。。

私も思いっきり勘違いをしていましたが、開催国枠は最低でも出場できる枠で、たとえばアジア・オセアニア予選で入賞した場合、その分開催国枠は減るそうです。つまり、アジア・オセアニア予選、世界最終予選で2人の男子選手が入賞した場合、その2人のオリンピック出場が確定し、開催国枠で出場できるのはあと2人になるそうです。

なので、男子6人、女子5人が全員でオリンピックに出場するには、結局2月のアジア・オセアニア大会及び5月の世界最終予選で、入賞して、結果を残さないとだめ、ということです。

「自力で枠を取ることしか考えていない」堤駿斗、心強いですね!!

若干落胆してしまいそうになりましたが、応援の気持ちは変わらないので、日本で朗報を待ちます!くれぐれも肺炎には気をつけて!!!

ということで、過去に投稿したオリンピック関連ブログの訂正も載せておきます。 

boxingcafe.hatenablog.com

 

 

boxingcafe.hatenablog.com

 

 

boxingcafe.hatenablog.com

 

プライバシーポリシー お問い合わせ