信太のボクシングカフェ

信太のボクシングカフェ

ボクシングが大好きです。大好きなボクシングのおもしろさを、たくさんの皆さんに伝えたくてブログを始めました。アマチュアボクシングを教えてるので、練習方法や基本なども書いていきます。

wowow DAZN

東京オリンピック、アジア・オセアニア予選。梅村、堤、森脇、田中、入江。

東京オリンピック予選、アジア・オセアニア大会。

現在、目下開催中の大会です。アジア圏、オセアニア圏の各国の代表選手達がしのぎを削る大会。入賞以上で、オリンピックの出場権を獲得できます。

各国の代表が、オリンピックの出場権をかけて闘う大会なので、勿論オリンピックレベルのハイレベルな闘いが予想される本大会。

日程は3/3〜3/11までとなっていますので、まだ序盤の序盤。

昼の部、夜の部と2部制で開催されているようで、昼の部は日本時間で18:00頃から、夜の部は日本時間で翌日の0:00頃からとなっています。

今は1日目の昼の部、夜の部、2日目の昼の部が終わったところなので、1.5日分を振り返ってみたいと思います。

boxingcafe.hatenablog.com

男子(8階級のうち6階級で代表を派遣)の代表で、最初に登場したのは梅村!1日目の昼の部でした。その後、夜の部に堤と森脇が登場!

男子 ライトヘビー級 梅村錬 vs J.Pampellone(ニュージーランド

ニュージーランドの選手、パワーありそう。しかし梅村も負けてはいません。果敢に手を出し、初回からしっかりと打ち合います。しかしニュージーランドの選手の方がボクシングが上手いか?

2R、アグレッシブに攻める梅村。クリンチの離れ際も良い。ライトヘビーという、日本では層の薄い階級で、練習相手にも苦労しそうですが、フィジカルで負けている感じではないです。

3R、両者ともに打ち気にはやり、打っては距離が近くなりすぎてクリンチ。入り際にストレートを軽くでも合わせられるのは見栄えが悪い。

梅村の有効打はなかなかでなかったですね。。。これは地力の差。しかし、フィジカルは負けていなかったので、十分に戦えるレベルであることを証明したと思います。

次回、最終予選に期待です!

ニュージーランドの選手に判定敗け

男子 フェザー級 堤駿斗 vs I.Bautista(フィリピン)

フィリピンの選手はかなりガタイがよく、背は堤より低いもののパワーがありそうな感じ。始まってみると、パワーだけでなくスピードも相当なもの。

スイング系の速いパンチを力強く振る姿は、日本人ボクサーがよく苦戦ないし番狂わせを演じられるフィリピン人ボクサーの最たるものです。

ガードを固めて前身するフィリピン選手、堤はもっと距離をとってストレートの距離で闘いたい。しかし時折フィリピン人のボラードをもらい、見栄えが良くない。堤も負けじとストレートで押し返し、要所要所でアッパーを決める。互角の戦い。

1R目は若干堤、2R目は若干フィリピン選手、という接戦の中、3R目はフィリピン人へ流れ、日本のエース、堤駿斗は1回戦で早くも姿を消すことに。

体で押されてしまっている分、少し見栄えが悪かったかもしれません。。。

僅差、惜しかった。。。残念ですが、まだ終わった訳ではありません!この敗戦を糧に、パリの最終予選で頑張ってもらいたいです!

フィリピンの選手に判定敗け 

f:id:boxingcafe:20200305003427p:plain

男子 ミドル級 森脇唯人 vs M.Al-Farttoosi

1R目から森脇のジャブがあたる。イラクの選手はあまり絞れていない感じがします。リーチを有効に使えて、スピードも森脇の方が速い。初回からこれはいけそう、と思える展開。

その後の森脇の長いジャブが要所要所で決まります。

イラクの選手はスイング気味に振ってきますが、距離的に当たらない所でボクシングができています。

森脇の右オーバーハンドは、オープンブローを何度か注意されるも、終始優勢に試合をすすめ、見事ユナニマスデシジョンで勝利!

日本人初の、2回戦進出を決めました!!!おめでとうございます!!!

イラクの選手に判定勝ち【2回戦に進出】

 

2日目に入り、昼の部では女子(6階級のうち全階級で代表を派遣)の入江聖奈が初陣を飾ります。そして、同じく昼の部では田中亮明が登場。

 

女子 フェザー級 入江聖奈 vs A.Amy(ニュージーランド

開始から鋭くパンチを飛ばす入江。入江の方が速く、力強い。コンビネーションもしっかりしています。ニュージーランドの選手は弱気なのか、バックステップを踏まされる展開。

入江はステップもしっかりしており、はずすところははずし、カウンターも取れて、自分のボクシングがしっかりできています。強いです!

ところどころ、クリンチで押される場面もありましたが、全く危なげなく3Rを闘い抜き、見事判定勝利!!おめでとうございます!!

ニュージーランドの選手に判定勝ち【2回戦に進出】

 男子 フライ級 田中亮明 vs A.Usenaliev(キルギス

1R目、田中は右ジャブをつきながら、左ストレート、右フックへとつなげるコンビネーションで上手く闘っている感じがします。キルギスの選手は入ってくる際の右ストレートを上手く伸ばし、田中にヒット。1R目は甲乙つけがたいラウンド。

2Rに入ると、キルギスの選手がリズムにのってきたイメージ。田中も頭を下げてしまい、バッティングも発生。このラウンドはジャッジ全員がキルギスの選手につけています。ここでの失点はかなりイタイ。。。

3R、大きく展開が変わる事はなく、田中の左ストレート、キルギスの選手の右ストレートが交錯。攻めては引き、という事をお互いにやりつつ、時にクリンチの距離。うーん、なかなか打開できないまま、最終ゴング。

キルギスの選手に判定敗け

 

ここまで、日本人選手は男女合わせて5名が登場し、うち2回戦に進出したのは森脇と入江の2名。苦しい闘いを強いられていると言わざるをえません。

新型コロナウィルスのドタバタで、調整もきっと大変なのでしょう。

しかし、自国開催のオリンピックでは、できるだけたくさんの日本人選手を見たい!!と思います。遠く日本から、応援の気持ちが届くように、しっかり応援したいと思います。

まずは、間もなく2日目の夜の部にて、ライト級に濱本紗也が登場予定です!濱本のライバルである入江は、しっかりとした勝ち方で2回戦進出を決めましたので、濱本もきっとやってくれると思います!

また今後も、ブログで報告していきたいと思います!

プライバシーポリシー お問い合わせ