信太のボクシングカフェ

信太のボクシングカフェ

ボクシングが大好きです。大好きなボクシングをたくさんの人に見てもらいたくて、その楽しさを伝えていきたいと思います。

wowow DAZN

【プレビュー】デビッド・べナビデスの帰還!vsロナルド・エリス。

もうすぐ、エストラーダvsロマゴンという軽量級における最強決定戦です。

そして同日の同興行には、京口紘人(ワタナベ)のアメリカデビュー戦も組み込まれ、我々日本人にとっては「超」大注目の興行となっています。

私は、というと、土日は基本的に仕事で、WOWOWのオンデマンド先行配信の場合は、理解ある職場に感謝しつつ、打ち合わせを入れずに(笑)タブレットにかじりついているわけですが、今回は予定が立て込んでしまってそうはいきません。

DAZNはすぐにアーカイブが見れますし、おっかけ再生もできるので、本当に有り難い。仕事が終わるまで情報遮断して、自宅に戻ってからゆっくりと楽しみたいと思います。

WOWOWのオンデマンド先行配信を見逃すと、翌日にあるタイムリーオンエアのレギュラー放送まで待つのは至難の業。ここは唯一WOWOWに改善してほしいところ。

さて、そのエストラーダvsロマゴンは本当に楽しみですが、もうひとつ、同日に楽しみな試合があります。

WBC世界スーパーミドル級挑戦者決定戦

デビッド・べナビデス(アメリカ)24戦全勝(21KO)無敗

vs

ロナルド・エリス(アメリカ)21戦18勝(12KO)1敗2分

f:id:boxingcafe:20210307224202j:plain

 

デビッド・べナビデスは、無敗にも関わらず、2度、WBCスーパーミドル級タイトルを獲得しており、現在無冠です。

基本的にはナチュラルに強い体躯から圧力をかけ、パワーパンチでぶっ倒す系のファイターです。ただ、ブンブン振り回すというよりも体重ののったパンチを、相手のガードの上からガードの隙間から、ゴツゴツと当てていくスタイル。

構えたところから、テイクバックなしに出てくるパンチは、相手にとって非常に見づらいと思います。

ガードは低め、パンチを出しやすい構えをしており、超攻撃型のボクサーです。

 

さて、このべナビデス、2013年にデビューして2017年に王座決定戦でWBC王座を獲得。

しかし、この戴冠戦はロナルド・ガブリエル(アメリカ)に最終回にダウンを奪われて、辛くも判定勝利を収めるという内容。下馬評では圧倒的優位だったべナビデス、この一戦はこれまでで最も試練な内容でしたね。

しかし、初防衛戦のダイレクトリマッチでは、周囲の予想をよそにアウトボクシングに徹し、圧勝。べナビデスのボクシングの幅を見せつけた内容でもありました。攻撃一辺倒ではなく、色々できるようなのです。

さて、問題はその後。

 

抜き打ちのドーピング検査で陽性反応が出て、休養王者に。

その後、正規の王座を獲得したアンソニー・ディレル(アメリカ)を9RTKOで降し、王座に返り咲きます。

そしてその王座を、2020年8月の防衛戦で多重超過して剥奪されてしまいました。

↓べナビデスvsアングロの観戦記

boxingcafe.hatenablog.com

 

ドーピング×体重超過というお決まりのやつですね。非常に残念。

ただ、この階級でカネロを止められるのはおそらくこのべナビデスしかいません。

カネロも、カネロと次戦で対戦するサンダースも、皆、黒い。もうこの辺りはドーピングのアドバンテージもないのではないかと思う程、蔓延しています。

本音を言えば、体重超過をしたボクサーは階級をあげなければいけない、と思いますし、ドーピング違反をしたボクサーは、(故意、過失に関わらず)追放、もしくはサスペンドを数年単位にするという処置が必要だとは思いますが、現在のボクシング界ではそういうふうにならないですね。

 

一応、WBC王座へのエリミネーター(挑戦者決定戦)と銘打たれているこの一戦の先、WBC王者はカネロ・アルバレス。体重超過やドーピングを差し引いてみれば、カネロvsべナビデスというのは興味深い一戦です。

この階級の体重超過、ドーピングをあまり気にしないのは、日本人が絡む事がほとんどない階級なので、実際問題、害がないからなのだと思います。我ながら、ゲンキンなものです。

べナビデスはまだ一流どころとの試合が少なく、勿論カネロ優位なのは間違いはありませんが、万が一、億が一なのかもしれませんが可能性は0ではないと思います。

サンダースよりも、プラントよりも、期待はしています。

 

とはいえ、もしべナビデスがカネロに勝って、PFPランクに名を連ねるようであればそれはそれで複雑なのです。

さて、ということでロナルド・エリスにがんばってもらいたい。

というところなのですが、少し荷が重そうです。2020年12月、クリス・コルバートvsハイメ・アルボレダをメインに据えた興行のセミファイナルで登場したエリス。

このエリスvsマット・コロボフ(ロシア)戦は、キャリアのあるコロボフにしてやられ、持ち味を出させてもらえませんでした。

このままコロボフに何もさせてもらえず完敗か、という流れでしたが、コロボフがアキレス腱を断裂してしまったがために棄権、エリスは幸運な勝利を得ました。

 

エリスが素晴らしい運を持っている事はわかりましたが、コロボフに実力負けしているようではべナビデス戦はなかなか厳しい。

べナビデスは、エリスを早い段階でストップすると豪語しているようですが、その公算が高いようにも思います。

「スーパーミドル級」という階級は、全てにおいてカネロを中心に回っています。誰もがカネロと戦いたい。べナビデスもきっとカネロ戦にたどり着きたいはずです。

↓カネロの前戦。

boxingcafe.hatenablog.com

 

で、あれば、もう体重超過の失態を犯すようなことなく、心を入れ替えて取り組んでもらいたいです。

さて、ここまで読んでくださった皆様、とりとめもない話にも関わらず、本当にありがとうございます。結局私はどっちを応援しているのか。。。そして本当にこの試合が楽しみなのか。。。すらもわからなくなってきました笑

 

ということで、結果を見聞きしてから見るか見ないかを判断したいと思います。

プライバシーポリシー お問い合わせ