信太のボクシングカフェ

信太のボクシングカフェ

ボクシングが大好きです。大好きなボクシングをたくさんの人に見てもらいたくて、その楽しさを伝えていきたいと思います。

wowow DAZN

東京五輪、ボクシング。フライ級準決勝は日本ボクシング界最後の砦・田中亮明vsカルロ・パアラム!!

東京オリンピック!ボクシング競技では、女子フェザー級の入江聖奈が金メダルを獲得!

そして女子フライ級の並木月海は銅メダルを獲得!

ロンドン五輪から正式採用されたこの種目は、ロンドン、リオと女子は出場を逃したものの、今回の東京オリンピックでは入江、並木の2名が出場しています。女子ボクシングは大躍進、そして男子ボクシングでは田中亮明がベスト4に残り、メダル獲得を決めています。

尚、東京オリンピックでは、男子8階級、女子5階級でトーナメントが開催されています。

↓オリンピック実施階級についてはこちら

boxingcafe.hatenablog.com

 

f:id:boxingcafe:20210724215019j:plain


トーナメントは、各国の代表となったボクサーが、地域予選(日本でいうとアジア・オセアニア予選)に挑み、その予選を勝ち抜いたボクサーがオリンピックへの出場権を得ます。

本来は、それに加えて最終予選という世界規模で出場権をかけたトーナメントがあるのですが、今回はコロナショックにより最終予選は中止。かわりにIOCの定める世界ランキングの上位者が出場権を獲得しています。

いずれにしろ、国の代表となっただけでは、まだオリンピックへの出場権すらありません。

そしてその厳しい予選を勝ち抜いたボクサーと、今回は開催国枠で数名のボクサーは出場権を得られました。その数は男子4名、女子2名の合計6名。

 

↓オリンピック出場を決めた6選手について

boxingcafe.hatenablog.com

その階級も、合計32名の出場ボクサーがトーナメント形式で争い、各ボクサーは1日1試合しかできないので、柔道や他の競技よりも多くの時間を有します。

ROUND32(1回戦)

→ROUND16(2回戦)※終われば、ベスト8が出揃います。

→ROUND8(3回戦)※終われば、メダルが確定。(3位決定戦は行われず、銅メダルは各階級でふたり)

→準決勝(4回戦)※勝った方は銀以上が確定。負ければ銅メダル。

→決勝(5回戦)

と進んでいきます。

 

 

そして本日は、日本ボクシング界最後の砦、田中亮明が登場。

フィリピンのカルロ・パアラムを相手に、決勝進出をかけて闘います。

ここに勝てば、金メダルに大きく近づく一戦、ここまでリオ五輪のメダリストを3タテしている田中は、非常に勢いに乗っています。その反面、前戦では試合後酸欠状態に陥り、医務室へと運ばれ、コンディション面では不安もあります。

激闘続きの田中亮明の相手、カルロ・パアラムは、前戦でリオ五輪金メダリストのシャホビディン・ゾイロフ(ウズベキスタン)を破るという大殊勲をあげ、決勝に進出しています。

 

男子フライ級準決勝

田中亮明(日本)

vs

カルロ・パアラム(フィリピン)

個人的な話ですが、今日は休みなので今回のオリンピックではじめてのテレビ観戦。

やっぱり実況や解説があるとわかりやすいですね。ただ、臨場感とすると会場のアナウンスがしっかりと聞こえるネットで見ていた方が良いかもしれません。

田中亮明の入場。右瞼はやや痣になっています。今回もバッティングには気をつけたい。

初回、まず仕掛けるのは田中!この大会、田中は本当に先手のボクシング。速い段階で田中の左ボディもヒット。その後も前進、前進!力強いパンチを振るっていきます。

 

パアラムのワンツーに対してはしっかりとブロック、その後打ち返す田中に、パアラムも強い右ストレートを返します。このパンチはキレもあり、見栄えが良い。

残り1分ほどのところで良い左ストレートをヒットした田中、ガード、プレス、一昨日に酸欠で倒れたボクサーとは思えません。とんでもない回復力、そして今日も気持ちが乗っています。

しかし、初回は5-0でパアラムを支持。

2R、ヒットアンドアウェーを徹底するパアラム、田中はしつこく攻め続けます。ガードもしっかりしており、打ち終わりさえ気をつければ被弾はほとんどないと思います。

田中の強烈な左ストレートは、フォロースルーがしっかりと効いている分、ある種両刃。

 

左を強振したあとにパアラムの右ストレートをもらってしまいます。

このラウンドも5-0でパラアムを支持。

3R、あとがない田中、右ガードを下げてパアラムを誘います。強引にも思えるプレスをかけ、完全に倒しに行く田中!

ジリジリと下がるパアラムに対して、狙いすました左ストレートをヒットする場面もつくりましたが、パアラムは巧く、すんでのところでかわし、リターン。

採点結果は、パアラム。

田中亮明は準決勝で惜しくも敗退、銅メダルの獲得となりました。

 

しかし、本当に本当に素晴らしいボクシングで、見事銅メダルを獲得した田中亮明。「開催国枠」で自国開催のオリンピックに出場し、おそらくここまで全ての試合で実績的に下馬評不利ながら次々とメダリストを撃破してきた様は、応援していて本当に痛快でした。

リオ五輪に出場は叶わず、リオ後からここまで、様々な悩みや葛藤と戦い続けたことが想像に難くない田中亮明は、見事この東京オリンピックで開花。「メダルを獲る」ことよりも「倒しに行く」ことに吹っ切った田中は、本当に強く、エキサイティングであり、おもしろかった。

このニュースタイルで、今後どこまで行けるのかも非常に興味深いですが、オリンピックが終われば、進退を考える時期にはなろうかと思います。

 

ゆっくりして、結論を出してもらいたいですね。

ともかく、この東京オリンピックボクシング競技、男女ともにメダル獲得、そして非常に楽しませてもらいました。

これでこの競技で日本人選手の出場する試合は全ておしまい。

そしてこの東京オリンピックに出場したボクサーたちが、数年後、プロボクシングの世界のトップで活躍すると思うと、これはまた非常に感慨深い。

このあとは、各階級の準決勝や決勝なので、折角なので最後まで楽しんでいきたいと思います。

 

東京五輪の記録↓

boxingcafe.hatenablog.com

boxingcafe.hatenablog.com

 

 

boxingcafe.hatenablog.com

boxingcafe.hatenablog.com

 

boxingcafe.hatenablog.com

boxingcafe.hatenablog.com

 

boxingcafe.hatenablog.com

 

 

boxingcafe.hatenablog.com

 

 

boxingcafe.hatenablog.com

 

boxingcafe.hatenablog.com

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ