信太のボクシングカフェ

信太のボクシングカフェ

ボクシングが大好きです。大好きなボクシングをたくさんの人に見てもらいたくて、その楽しさを伝えていきたいと思います。

ラジャブ・ブタエフvsエイマンタス・スタニオニスのライブ配信(有料)を見る方法について

ラジャブ・ブタエフvsエイマンタス・スタニオニス、ブランダン・リーvsザッカリー・オチョアを日本でライブ視聴する方法を紹介します。

4/16(日本時間4/17)ラジャブ・ブタエフvsエイマンタス・スタニオニスのWBAレギュラー世界ウェルター級タイトルマッチ。

これは非常に興味深いマッチアップですね。

アンダーカードにはブランダン・リーも登場しますが、この興行はShowtimePPV興行のプレリムス(別枠放送の前座興行)で、おそらくWOWOWの生放送枠に載ってきません。

この試合は日本時間で4/17(日)の8:00〜10:00に行われるので、もしWOWOWが放送枠に入れたとしても、ライブ放送ではありません。

でもやはり、ライブで見るのが一番良いですよね。

今回のブログでは、「お金を払ってでもライブで見たい」という方のための記事です。

ただ、今回の興行は、やりようによっては無料視聴も可能です。

f:id:boxingcafe:20220413225511j:plain

↓プレビューはこちら

boxingcafe.hatenablog.com

boxingcafe.hatenablog.com

 

 

 

ブタエフvsスタニオニスの視聴方法

この興行を見る方法は、ズバリFITE.TVです。

このFITE.TVは多くの国を跨いでサービスを提供しており、国によって視聴できる内容も違います。今回のブタエフvsスタニオニスについては、アメリカではShowtimeのNo-PPVで中継されますが、日本版のFITEでは見れません。

では、どこの国のFITEなら見れるのか。

FITEのTwitterを調べると、こんな感じで出てきます。

f:id:boxingcafe:20220416104706j:plain



 

最後から二行目に、FREE on FITEとありますね。今回、この興行はFITEが無償で提供してくれるようです。

ただ、最後の行にあるようにUKもしくはアイルランドのみです。

今回はイギリスのFITEで、ブタエフvsスタニオニスを視聴します。

 

 

VPNの活用

ということで、日本に住んでいる我々は、まずこの日本からのアクセスで弾かれてしまいますので、これを変更しなければなりません。

具体的には、VPNを使って別の国に(ネットワーク上で)行きます。

詳しい説明は省きます。私も詳しいところまではわかっていませんが、気になる方は下記へ。

VPN接続とは?仕組みや方法をわかりやすく解説 | NTTコミュニケーションズ 法人のお客さま

とにもかくにも、VPNを使えば日本にいながらにして、別の国からアクセスしたようにできるのです。

では、どのようにすれば「イギリスのFITE.TV」が見れるのかを書いていきます。

まずVPNアプリを使って、イギリスのVPNに接続します。

f:id:boxingcafe:20220121141526j:plain

この状態でFITE.TVのアプリを開くと、イギリス版FITEの画面が出てきます。

英語だったり日本語だったりしますが(笑)、そこは気にせずに。

スペンスvsウガスのPPVも1,840円で売られていますが、そこはWOWOWで視聴すれば良いでしょう。

その上、スペンスvsウガスの「カウントダウン」というのが今回お目当てのブタエフvsスタニオニスの興行です。

ここからブタエフvsスタニオニスのライブ視聴、アーカイブ視聴が可能です。

尚、視聴の際もVPNをイギリスに設定しなければ見れませんので、ご注意ください。

f:id:boxingcafe:20220416104802j:plain

この画像の一番下に、リーvsオチョア、ブタエフvsスタニオニスの表記がありますね。ここで見れます。
くれぐれも、「free」の方、「Countdown」の方なのでお間違いなく。

1,840円の記載がされている方はメインカードの方ですからね。

 

 

 

以上。メチャクチャ簡単。まとめると以下です。

①VPNを契約

②VPNを使ってイギリスに設定(アイルランドでもOK)

③VPNをイギリスに設定してFITE.TVのアプリを開いて視聴

 

おすすめVPN

Nord VPN

私が使っているVPNはこの NordVPNです。使っていて、特段問題はないように思います。

2年間プランだと2年で10,680円、月額にすると445円で、30日間は返金保証付きなので、もしこのイギリス版FITEを見終わったら解約しよう、と考える方は、とりあえず2年間プランで申し込みして、30日以内にキャンセルすればお金が戻ってきます。(一旦は支払う必要があると思います。)

1年間プランだと1年で7,080円、月額にすると590円です。

1ヶ月プランだと1,434円、非常に割高に感じてしまいます。

この Nord VPNを使って、FITEを視聴するとすれば、VPNの金額のみ(最大で考えると1ヶ月プランの1,434円)、最大でも合計で1,434円、30日以内にVPNをキャンセルすれば無料で視聴できます。

 

Surfshark

私が以前使っていたVPNはこちら、SurfsharkというVPNです。

やや不安定な時があったかな、と思います。

こちらは Nord VPNに比べて非常に安価で、2年+2ヶ月で6,827円、1ヶ月あたりは263円となるようです。もちろん30日間のうちに解約すれば、返金してくれます。私が使っていた時よりも無茶苦茶安くなっている。。。次はこちらに戻すかもしれません笑。

2年プランの他は、6ヶ月プランで4,449円、月額にすると742円。

1ヶ月の単月契約だと1,479円なので Nord VPNよりもほんの少し、高くなりますね。

 

VPN+FITEは結構使える

ということで、VPNの押し売りみたいになってしまいましたが笑、このVPNは結構何だかんだと使えます。というか、VPN +FITEという組み合わせが結構使えるのです。

日本版FITEはそのほとんどがESPN系列のもの(最近はPBC系列も多いですが、今回に限って無し。。。)ですが、イギリス版FITEはPBC系列のものも流してくれます。日本ではWOWOWが放映してくれたマニー・パッキャオvsヨルデニス・ウガス等々、ShowtimeやFOXのPPVのものも安価に買える事も多いです。

ちなみに、なぜイギリス版FITEでアメリカの試合をたくさん放送してくれるか、ということについては、イギリスでボクシングが盛んだということが関係あるのでしょう。

 

尚、VPNは検索すれば無料のアプリもたくさん出てきます。いくつか使ってはみましたが、回戦が安定しない印象です。(途中で切れてしまいます。)

ということで、VPNをとってイギリスに設定すれば、下記のリンク(FITEのリスト)に乗っかってくるはずです。(このリンクは$表示ですが、イギリスのVPNに設定していても日本円で購入出来ますので安心して下さい。)

↓FITE.TVのリスト

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ