信太のボクシングカフェ

信太のボクシングカフェ

ボクシングが大好きです。大好きなボクシングをたくさんの人に見てもらいたくて、その楽しさを伝えていきたいと思います。

【随時更新】2022年9月の放送・配信情報!国内はアツく、海外戦はカネロvs GGGだけ?

【2022年8月分を更新】

見れる可能性のあるものをピックアップしてあります。
多分、アップされてすぐに見ると8月のカレンダーになっていると思いますが、ナビゲーションボタンをクリックして9月に変更して御覧ください。

間違い、足りていない興行等があればコメントで教えて下さい。よろしくおねがいします。

 

【スケジュール】

 

【国内戦注目!】

8月、3150FIGHTやLIFE TIME BOXINGで素晴らしい名勝負が生まれた国内ボクシング。どちらも国内FOTY候補と言われる試合を、しかも全国どこからでもLIVE視聴できてボクシングファンは幸せです。

そして9月も国内戦はアツい。

まず最も注目しているのは、9/10(土)に行われる矢吹正道vsタノンサック・シムシーの一戦。世界ランカー対決となるこの一戦は、両者にとって非常に危険な戦いとも言えますね。現在のところ、三重テレビが生中継を決定していますが、全国でも見れるとありがたいですね。

全国でライブ配信される試合で注目は、9/3(土)に加納陸vs井上夕雅のWBOアジアパシフィック・フライ級王座決定戦。若きホープ同士の一戦は非常に興味深い。アンダーカードで石田匠も登場します。(Youtubeで生配信)

他にも9/13(火)にはフェニックスバトル、平岡アンディが強敵・アルビン・ラガンベイを迎えます。アンダーカードには松本圭佑、中垣龍汰朗といった大橋ホープの他、黒田雅之に勝った重里侃太朗も登場しますね。(FODで生配信)

9/17(土)には3150FIGHT SURVIVAL、坂晃典の持つ日本スーパーフェザー級タイトルに奈良井翼が挑む一戦、これもまたアツい。(ABEMAで生配信)

9/22(木)には栗原慶太vs千葉開というOPBF東洋太平洋バンタム級タイトルマッチもありますが、これも今の所の配信情報が上がってきていません。横浜光が噛んでいるAーsignについては、YoutubeやPPVでのライブ配信等がありそうですが。

そして、忘れていけないのは9/1(木)、女子5大タイトルマッチ。世界タイトル戦二つを含むOPBF王座戦、日本王座戦、そしてWBO-AP王座戦。中でも注目は、山中竜也の妹、山中菫、そしてアマ時代からしっかりと実績を残すスター候補、晝田瑞希、二人の初となるタイトル戦。これはBoxingRaiseで生配信、見逃し厳禁です。

 

【海外注目!】

さて、国内戦は粒揃いですが、海外戦はやや停滞気味。毎週のようにビッグマッチがあるか、というとさほどでもありません。

しかしそんな中、最も話題をさらうのは日本時間9/18(日)に行われるサウル・アルバレスvsゲンナディ・ゴロフキンの一戦。日本のボクシングファンの9割はGGGを応援するのでしょうが、GGGにとってはかなり厳しい戦いとなりますね。(DAZN生配信)あ、ちなみにDAZNは日本時間9/4(日)にファン・フランシス・

さて、実は注目試合で日本での放送が決定している試合が非常に少ないのですが、できればWOWOWさんに何とかして欲しいのが日本時間9/5(月)アンディ・ルイスJrvsルイス・オルティス。そして、日本時間9/24(土)に行われるシャクール・スティーブンソンvsロブソン・コンセイサン。「スニッカーズ」ルイスvs「キングコング」オルティスは、果たしてまたルイスJrがヘビー級のトップ戦線に上がって来られるかを占う大事な試合。本場アメリカでは何とFOX PPV、ちょっと見る術がなさそうなのでWOWOWさんの出番であってほしい。

シャクールvsコンセイサンは非常に興味深い一戦ですね。これは現地アメリカでは金曜日開催、基本的に人気のあるボクサーは土曜の夜開催(日本時間では日曜日の昼頃)になるわけですが、これはあまり人気のあるカードではないのでしょうか。

ちなみに、日本時間で9/25(日)には、ジョー・ジョイスvsジョセフ・パーカーという、これまたヘビー級での興味深い一戦が。

 

 

宣伝

ボクシングカフェ、ショップはじめました!

ボクシング用品専門店です。是非覗いてみて下さい!

boxingcafe.base.shop

 

AMAZONプライム

AMAZONプライムは、年数回、ボクシング興行の生配信を行うとのこと。

その「ライブボクシング」第一弾として行われた、ゲンナディ・ゴロフキンvs村田諒太の世界ミドル級統一戦は、多くの方がご覧になったのではないでしょうか。ちなみに第二弾は、井上尚弥vsノニト・ドネアの世界バンタム級統一戦。第三弾になりそうなのは、井上尚弥vsポール・バトラーでしょうか。井上尚弥がいる限り安泰のAMAZONプライム・ビデオ!

月額500円という非常に良心的な値段設定、もともと配送費用の関係で入っている方も多いと思いますが、お得だと思うので是非!!

Amazonプライムへの申込みはこちら(30日間の無料体験)

 

boxingcafe.hatenablog.com

 


ひかりTV

大橋ジムのフェニックスバトルを中継してくれるひかりTV。テレビの視聴方法が「ひかりTV」ではない場合も、月額350円のエントリープランなるものに加入すれば、月に一度のフェニックスバトルはライブ配信視聴可能だそうです。

(アーカイブが上がるまで、一週間ほどかかります。)

 

 

FODプレミアム

フジボクシング(ダイヤモンドグローブ、フェニックスバトル)の生配信をしてくれます。

2022年1月から、毎月第二火曜日はフジボクシング生配信!

アンダーカードも全て見られるのがありがたい!しかもライブ配信に遅れても、追っかけ再生、見逃し配信があるので安心です。

FODプレミアム

ABEMAプレミアム

ABEMAでもここ最近は稀にボクシングの配信がありますね。井上尚弥vsアラン・ディパエンはABEMAのPPV(もしくはひかりTVのPPV)でしたし、3150ファイトクラブの興行は今後もABEMAで生配信でしょう。

ABEMAプレミアムに入っておけば、ひかりTVで中継されるフェニックスバトルも見れます。

 

AbemaTV 無料体験

WOWOW

ボクシングファンになくてはならないWOWOW。他の予算は削れても、これだけは削ってはいけません。毎週月曜日21:00〜レギュラー放送、その他ビッグマッチは生中継してくれます。

wowow

DAZN

DAZNもほぼ毎週、興行を生配信してくれます。フルでアーカイブが残るのは1週間(ハイライトは1ヶ月)、見逃し配信もついているので生配信を見逃しても問題ありません。

DAZN

 

FITE.TVのPPV

【注意事項】

試合の一週間前くらいにならないとPPVは購入できない場合があります。突然試合がリストからなくなることがあります。(返金はされますが、手続きが必要です)

なので1日前とか2日前くらいに購入するのがベストだと思います。

尚、開始時間も変更になる可能性がありますのでご注意ください。(過去に2例あり)

 

上記以外の海外戦を見る方法

boxingcafe.hatenablog.com

 

BoxingRaise

 

2000試合以上の試合が月額980円で見放題。国内ボクシングにおける最高峰のサービスです。月に1度、生配信があるのでお得です。

DANGAN興行のほか、地方の興行の放映権も買い取って配信してくれます。

ただ、放送スケジュールがなかなか出て来ない、スケジュールになかったものも終わった後突然配信される等、その運営面には疑問符が笑(些細なことです)

boxingraise.com

A-Sign.Youtubeチャンネル

横浜光ジムのYoutubeチャンネルです。A-SIGNという冠のある興行は、こちらで生配信、もしくは録画配信。

www.youtube.com

 

sakana.Youtubeチャンネル

ボクシング選手名鑑管理人、せきちゃんが個人で興行の放映権を買取り、アマボクの功労者であるsakanaさんのチャンネルで流す、というスタイル。主に中日本のボクシングが見れます。

無料、生配信、ボクシング配信の未来がここにあると言っても過言ではありません。

m.youtube.com

BOXING REAL.Youtubeチャンネル

真正ジムのYoutubeチャンネル。真正ジムの興行であるREAL SPIRITSは常に生配信してくれる、ありがたいチャンネル。その他、自前の興行でなくとも関西の興行なら、生配信してくれる可能性があります。

www.youtube.com

ZAIKO

DANGAN、またA-SIGNと組んで、PPVでの生配信の実績があります。最新は5/15の日本フェザー級タイトルマッチでしたが、次はいつかな?

zaiko.io

 

プライバシーポリシー お問い合わせ