信太のボクシングカフェ

信太のボクシングカフェ

ボクシングが大好きです。大好きなボクシングのおもしろさを、たくさんの皆さんに伝えたくてブログを始めました。アマチュアボクシングを教えてるので、練習方法や基本なども書いていきます。

wowow

大注目試合観戦記!永野vs小原、CC日本ウェルター級タイトルマッチ!

チャンピオン・カーニバル、注目の一戦

いよいよきました、2020年のチャンピオン・カーニバル、緒戦にして大注目の一戦!

日本ウェルター級チャンピオン、永野祐樹と、世界挑戦経験者にして挑戦者決定戦を勝ち抜き、日本ウェルター級1位の小原佳太。

パワフルで突き刺すような左ストレートを主武器とする激闘型の永野か、テクニックとキレのある右ストレートが自慢の小原か。

永野の左ストレートか、小原の右ストレートか。

大注目の一戦です!!! 

boxingcafe.hatenablog.com

 両極端な両者

挑戦者の小原は、元々アマチュアでも国体優勝(2回)など、名を馳せた選手。日本のトップアマからB級デビュー。デビュー戦では、プロの洗礼を浴びましたが、その後は順調に勝ち進み、日本タイトル、OPBFタイトルを獲得後、スーパーライト級で世界に挑戦する等、エリート街道を歩んできました。

世界再挑戦を目指し、挑戦者決定戦に出場するも惜敗。出直しを誓い、日本タイトルにアタックする道を選びました。

一方、王者の永野は、アマチュアエリートの多い帝拳ジムにおいて生え抜きのボクサー。2戦目、4戦目で黒星を喫するも、その後は無敗。無骨な雰囲気と、ガッツあふれるファイト、脅威の左ストレートをもって日本チャンピオンに上り詰めます。

どこか昭和の雰囲気を感じさせる、ハートとフィジカルの強い、チャンピオンです。

そして試合開始

「最後の挑戦」「敗けたら終わり」と語り、加藤健太トレーナーを先頭に小原が入場。

そしてカルロス・リナレストレーナーに導かれ、「次のステージに行きたい」と語る永野が入場。

しびれます。それぞれが主役のドラマがあり、そのドラマがここで交わる。ボクシングは夢の潰し合い。小原佳太の道が続くのか、それとも永野祐樹が道を見出すのか

ゴングと同時に永野が奪取、それを小原も前に出て、ストレートで止める!ファーストコンタクトは小原のパンチがヒット!それでも永野はガードを固めて、前へ!硬さののこる永野は被弾しながらも、前にでる!距離をつめながらパンチを出す永野、左ボディーをヒット!永野のプレッシャーが強いか、下がり気味になる小原。

2R、小原はキレのあるコンビネーションをどんどん出す!上下の打ち分けもスムーズ。永野は前に出るも、手数が少ないか。小原の右フックがヒット!永野ダウン!立ち上がったが永野が下がる!小原はよく見て、無理には追わず、余裕をもって右ストレートをヒット!

3Rもかわらず前に出る永野と、迎え撃つ小原。小原がストレートで永野を止める。時折ヒットする永野の左も、小原に大きなダメージを与えるほど深くは当たらない。このラウンド、小原がラッシュする場面も

4R、ここから更に距離を詰めようとする永野。距離がつまったところで永野の左ストレートがヒット!ただし、全体的には小原のクリーンヒットが多い。

5Rには小原の連打が永野をとらえる!永野が下がる!!レフェリーがのぞきこむ!ストップが早いといわれるレフェリー、ビニー・マーチン、止めるか??あわやストップか、というラウンドでしたが、ランド終了のゴング。

途中採点は50-45、三者ともにフルマークで小原。

6Rは距離が近くなり、至近距離での打ち合い。5Rの猛攻で少し打ちづかれたか、小原、足がとまる。(とめて休んでいる?)しかしやはりつきさすようなジャブ、ストレートはよく出る。永野の近い距離での左フック、右フックはよくあたるが、、、少し離れた距離になると、小原の右ストレートが火を吹く!

前ラウンドは少し休んだのか、小原はこのラウンドはよく手がでる。上下のうちわけ、コンビネーションがすばらしい。永野の左がヒットするも、小原も打ち返す。小原の右ストレートで、永野の顎がはねあがる。ダメージをみてビニー・マーチンが止めた!

小原の7ラウンドTKO勝ち!

 

気持ちのこもった、素晴らしい打撃戦!両者が持ち味を存分に発揮した、名勝負となりました!!やはり小原は日本人の中では、頭ひとつかふたつ、抜きん出た存在。それでも尚、世界は遠く。。。

本人も「世界王者になる、とはまだ言えない。海外で世界ランカーに勝利する」ことを目標にする、と謙虚に語っています。ウェルター級は、未だ日本人世界チャンピオンが生まれていない階級。世界的にいっても、激戦区。そこに大きな足跡を残す事ができるか、小原佳太にまだまだまだまだ期待です!!

 

セミファイナルも注目!日本ユース・スーパーフェザー級王座決定戦!

石井 龍星(伴流)14戦8勝(5KO)5敗 23歳

波田 大和帝拳)10戦9勝(9KO)1敗 23歳

若手ホープ同士のユースタイトルマッチ!24歳以下で争われるユース王座!

石井は少し変則的な、日本ライト級10位にランクされる選手!5歳からボクシングをしているというキャリアのある選手!

対する波田は、勝ち試合が全てKOというパンチャー!アマチュアでキャリアを積んだ、大相撲の元小結、旭道山の甥!

f:id:boxingcafe:20200201212140j:plain

サウスポー同士の一戦がゴング!

両者ともに気合の入った立ち上がり、ファーストヒットは石井のジャブ!ラウンド終盤に波田の右フックがヒット!

2R、足を使い始める石井!そこに波田の左ストレートがヒット!石井ダウン!ダメージが抜けて足が動き始める石井、それでも終盤にまた左ストレートがヒット!

3R、少し手数の減った波田、それでも一発あたってからのコンビネーションがすごい。石井は懸命に上体を動かすも、被弾が多い。

4R、長い距離で闘いたいと思われる石井、波田に中に入られる。しかし、果敢に打ち合う。気持ちの強い選手ですね。

5R、じりじりとプレッシャーをかける波田、上体をやわらかくつかいながら迎え撃つ石井。波田の左が石井にヒット!よろめく石井、ロープにつめてパンチをまとめる波田!思い切りの良い左ストレートがクリーンヒット、レフェリーが割って入ってTKO!!

波田の5ラウンドTKO勝ち!

 

波田はガードがしっかりしていて、体つきをみるとかなり体が強そうな体をしていますね。基本に忠実、今日は特に右フックが良かったと思います。ほぼノーモーションで打てる右フック、その右フックから左ストレート。非常に効果的でした。スピードもありますしね。

当て勘もものすごいですね〜。ラッシュの中でも冷静に、石井の頭の位置にパンチを運んでいました!今後の期待も大!!

敗れた石井、長身ゆえかガードが低く、もっとジャブを多用して遠い距離で闘えればもっと結果がついてくるような気がします!相手が入ってきたらアッパー、とか。気が強すぎるのは稀に弱点にもなりえます。打ち合わないでいい闘い方をした方が良いかと思います!

 

日テレG+で放映されたダイナミックグローブ、本当にありがたいです。文字を打ちながら見るのは初めてでしたが、なかなか難しいですね。。。

次回のダイナミックグローブは、3/7(土)チャンピオン・カーニバル日本スーパーウェルター級タイトルマッチ、松永宏信(横浜光)対清水優人(木更津GB)がメイン。セミファイナルには、栗原慶太(一力)対田之岡条(小熊)という注目対決も!

来月も楽しみです!!

プライバシーポリシー お問い合わせ