信太のボクシングカフェ

信太のボクシングカフェ

ボクシングが大好きです。大好きなボクシングをたくさんの人に見てもらいたくて、その楽しさを伝えていきたいと思います。

wowow DAZN

雑記

WBCがドネアvsガバリョを指令!4団体統一に向けた井上尚弥の次戦はどうなる?

王者同士の間でゴタゴタしている、世界バンタム級戦線。 本日9/21、WBCは正規王者ノニト・ドネア(フィリピン)と暫定王者レイマート・ガバリョ(フィリピン)の団体内王座統一戦をオーダーした、とのこと。 このことにより、もしかすると、2020年4月に行わ…

11月は国内外、注目試合だらけ。カネロとクロフォード、PFPファイターの登場スケジュール!

まもなく寺地拳四朗vs矢吹正道のWBC世界ライトフライ級タイトルマッチ。 皆さん楽しみにしているのか、昨日書いた記事は好評をいただいています。 boxingcafe.hatenablog.com 本日(9/20)、ふたりの調印式と記者会見が行われました。こちらはBOXING REALさ…

拳四朗vs矢吹まであと少し!トップ・オブ・ライトフライ級をリング誌でおさらい。

もうすぐ、寺地拳四朗vs矢吹正道のWBC世界ライトフライ級タイトルマッチ! 拳四朗は2戦連続の日本人戦、9度目の防衛戦に臨みます。 対して矢吹はその安定王者撃破に対する可能性を十分に持ったボクサーで、拳四朗の強さを知った上でも、ファンの期待度は非常…

晴天の霹靂。ティム・チューvs井上岳志は11/17!アジア・オセアニア最強決定戦!!

本日夕方、打ち合わせを終わらせて何気なくTwitterを覗いたら、とんでもないニュースが飛び込んできました。 ティム・チューvs井上岳志。日程は、11/17。ど平日ですが、オーストラリアではボクシング人気はさほど高くはなく、ビッグマッチでも平日の夕方開催…

中谷潤人はフライ級の覇権を握れるか。他団体王者たちの動向をチェック。

中谷潤人フィーバーが続いています(私の心の中では)。 軽量級離れした超絶強打を持つアンヘル・アコスタ(プエルトリコ)に怖さはあったものの、ほぼ完封という内容で勝利した中谷。 ↓観戦記 boxingcafe.hatenablog.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle…

バルデスvsコンセイサン、WBCのスーパーフェザー級戦は開催。今後の各団体のタイトルマッチの展望は?

現地時間、9/10(日本時間9/11)は中谷潤人(M.T)が強敵アンヘル・アコスタ(プエルトリコ)を相手に初防衛戦を行います。 その興行のメインは、オスカル・バルデス(メキシコ)vsロブソン・コンセイサン(ブラジル)。この一戦はバルデスのドーピング検査…

フライ級大国、ニッポン。中谷潤人が見据える、世界王者のその先を考える。

白井義男、ファイティング原田、海老原博幸、大場政夫、大熊正二、花形進。 小林光二、レパード玉熊、勇利アルバチャコフ、亀田興毅、坂田健史、内藤大助、亀田大毅、井岡一翔、五十嵐俊幸、八重樫東、江藤光喜、田中恒成、比嘉大吾、木村翔、そして中谷潤人…

WBAの暫定王者撤廃。17階級11人にのぼった「元」暫定王者たちの今後はどうなる。

前回のブログでも触れましたが、WBAの暫定王者撤廃の件。 WBAにしては非常に珍しく有言実行、そしてこの迅速な行動については裏がありそうな匂いがぷんぷんしていますが、今のところ、結果的には歓迎できるものです。 最初の報道では確か、10月くらいからと…

21世紀のThe Greatest、マニー・パッキャオ。その功績を尊ぶ。

21世紀の「The Greatest」マニー・パッキャオ。 フィリピンのミンダナオ島出身のパッキャオは、拳を武器にアメリカ本土でのしあがり、世界で最も有名なボクサーへと駆け上がったボクサーです。 デビューは1995年、日本にも馴染みのあるOPBF東洋太平洋フライ…

カシメロの勝利で思い描く、井上尚弥バンタム級統一の道程への期待。

辰吉丈一郎世代の私にとって、バンタム級は特別な階級です。 そのバンタム級が、今、史上はじめて4団体の統一に向かっています。 日本人にとっても非常に馴染みの深いこのバンタム級は、ファイティング原田にはじまり、辰吉丈一郎、長谷川穂積、山中慎介とい…

バンタム級トップ戦線は8/15を過ぎて大きく動く。リング誌ランキング、バンタム級を視る。

いよいよ、明日、8/15(日)はカシメロvsリゴンドー他、注目試合が目白押しのXデーです。 このブログを読んでいる頃には、もう終わっているかもしれませんけど。 私は、コロナ禍のために実家への帰省を遠慮しておりまして、そうはいってもお盆は近くのキャン…

キャンセル、延期が相次ぐ8月の海外興行と、救いようのないWBAについての感想。

8月はたくさん楽しみな試合があったはずなんですが、ここ数日で続々と延期。 いやいや、まだまだ楽しみな試合は残っていますので気持ちを切り替えていかなければいけないので、過ぎたことを嘆いても仕方がありません。 今日のブログはここ最近のボクシング界…

8.15、カシメロ-リゴンドー、フランコ-マロニー3他の開始時間、メインの予定時間を調べました。

お盆休みに入りました。 今年のお盆は(も)、どこにも出かけずに家で過ごす方が多いのでしょうか。 さて、ボクシングファンにとっては8/15という日は忙しい日になりそうですね。 本日のブログでは、8/15、最も注目のカシメロvsリゴンドーをはじめ、オルティ…

フェニックスバトル、敗北を恐れないヨネクライズムから、オオハシイズムへ。

1月、井上拓真vs栗原慶太。 5月、清水聡vs森武蔵、中嶋一輝vs千葉開。 7月、中垣龍汰朗vs花田歩夢、桑原拓vsユーリ阿久井政悟。 10月、平岡アンディvs佐々木尽。 11月、井上拓真vs和氣慎吾。 上記全ては、大橋ジムの興行、「フェニックスバトル」で行われた…

匂わせからの電撃発表、井上拓真vs和氣慎吾!今後も大充実のフェニックスバトル。

7/15(木)、正式発表された4ヶ月後の国内ビッグマッチ! 第一報は、7/10(土)、FLARE山上ジム赤井代表のツイートでした。 日本タイトル挑戦者決定戦の申し込み期限最終日に別のビッグマッチが決まった!ぜひ、発表をお楽しみに!和氣君、ここは一発やって…

2021年上半期が過ぎて、「ボクシング」というスポーツの素晴らしさを再考した。

今、大谷翔平が毎朝の話題。 毎日のようにホームランを放ち、オールスターにも出場、投打に大活躍をしている。らしい。 実は、私は野球のことはよく知りません。 言ってしまえば細かいところまでルールをわかっていません。 日本の国民的スポーツですが、や…

細川バレンタイン、引退。異色のボクサーのボクシングキャリアを振り返る。

細川バレンタイン。 本日、自身のYoutubeで引退を発表したこのボクサーは、非常に異色といえるボクサーでした。 先日の、元世界王者・伊藤雅雪(横浜光)との一戦を持ってプロボクシングを引退、前回の試合が細川の戦う姿としては見納めということになりまし…

元サヤ!カシメロvsリゴンドー。絶対悪のカシメロに、弱者のために戦うヒーロー、リゴンドー。

バンタム級のゴタゴタ。 結局ドネアがカシメロと戦わない、としたことで、カシメロvsリゴンドーの一戦が復活。 大々的に「正式発表!」みたいなのはないですが、PBCのスケジュールにも載り、一旦は解決(?)したということで良いのでしょう。 // ↓数日前の…

ゴタゴタのバンタム級。井上、ドネア、カシメロ、リゴンドーの今後は?

さて、いよいよ迫ってきましたね、注目試合、伊藤雅雪vs細川バレンタイン! ともに前戦の敗北からの復帰戦であり、敗者同士のサバイバルマッチ。特に、「元世界王者」という肩書きは大きいものの、前戦で三代大訓に敗北を喫した伊藤の方がより後がない。 ど…

2021年7月、国内外のボクシング放送/配信情報(随時更新)

2021年7月、生配信/生放送および録画配信/録画放送の情報です。 随時更新していきますので、間違い、追加に気づいた方がいればコメントをいただけるとありがたいです。 // 【国内編】 7/3(土) ダイナミックグローブ 伊藤雅雪vs細川バレンタイン 7/8(木) …

今年も来年も、再来年もその先もずっと、ライト級から目が離せない。戻ってきたロマチェンコとその後。

LOMA is back。 強いロマチェンコが帰ってきましたね。個人的には中谷選手に期待していましたし、非常に悔しい気持ち。 しかし、このロマチェンコはやはりライト級においても非常に強い存在です。 スーパーフェザー級が適正階級と言われ、自身もそれを認める…

ワシル・ロマチェンコに自力到達の中谷正義を称える。

いよいよ、いよいよです。 2021年上半期最後にして、最大のビッグマッチと言って良い、ワシル・ロマチェンコvs中谷正義。 タイトルホルダーではなにしろ、現役最高峰のボクサーであるロマチェンコ戦に、地力で辿り着いた中谷正義。ライト級は本来の階級では…

井上戦後に重大発表?ドネアの選択は、バンタム級を動かす。

またこの写真をキャッチ画像として拝借してしまった。非常に良い写真ですね。 boxingcafe.hatenablog.com boxingcafe.hatenablog.com // さて、とっても気になるニュース。 杉浦大介さんの記事です。 news.yahoo.co.jp 以下は記事から引用 (RSはドネアのプ…

12/28、村田諒太とゲンナディ・ゴロフキン。終幕に近づく、村田諒太の漫画みたいな物語。

Report: Gennady Golovkin vs. Ryota Murata Agree In Principle To Middleweight Title Fight | FIGHT SPORTS ゲンナディ・ゴロフキンvs村田諒太。 12/28という日程まで発表されたこのカードは、本当に実現するのでしょうか。 このタイミングでの発表という…

【6/11更新】2021年6月、国内外ボクシング興行のテレビ情報・配信スケジュールまとめ。

何度も言いますが、6月に入りました! 6月は(も?)楽しみな試合が目白押し、週末から始まる国内外の興行のテレビ情報、配信情報をまとめてみました! 忙しい月になりそうですね。。。 個人的には、7月から始まるアマチュアボクシングの国体予選や、それに…

タイソン・フューリーvsデオンテイ・ワイルダーⅢ。3戦目の後には、4団体統一戦か?

つい最近まで、ヘビー級といえばアンソニー・ジョシュア(イギリス)vsタイソン・フューリー(イギリス)という同国人同士による4団体統一戦が締結しそうな流れでした。 しかし日程、会場ともになかなか決定のニュースは流れず、結局デオンテイ・ワイルダー…

第二次WBSSバンタム級が開幕か。ドネアの返り咲きと、今後のバンタム級について。

見ましたか。 あのノニト・ドネアの大復活を。 素晴らしい左フックを、抜群のタイミングで叩き込んだ時、レフェリーだけは試合を止めませんでしたが、もう試合が終わっていたことは誰の目にも明らかでした。 かつてのドネアが戻ってきた?違います。 38歳の…

ジョシュ・テイラーの4団体統一、という偉業と、今後の「Undisputed」への道。

皆様もご存知の通り、スーパーライト級4団体統一戦、ホセ・ラミレス(アメリカ)vsジョシュ・テイラー(イギリス)の一戦は、テイラーが12R判定勝利を飾り、見事4団体を統一、真の王者となりました。 // この4団体を史上初めて統一したのは2004年、バーナー…

スペンスは勝って当たり前。でも相手はあのパッキャオ。スペンスvsパッキャオが8/21に決定。

マニー・パッキャオ。 言うまでもなく、現在のボクシング界において最大のレジェンドです。 そのパッキャオの次戦が発表され、相手はまさかのエロール・スペンスJr!!日程は8/21! // まさかまさか×100の一戦が突如として発表され、今日という日はなんだか…

白井義男の戴冠から69年。ボクシングの日に振り返る、日本人ボクサーとフライ級。

未だ敗戦の色が濃く残る1952年、白井義男が初めて日本に世界フライ級タイトルをもたらしました。その日は5/19、「ボクシングの日」と認定されている日。そこからはや69年。 フライ級という歴史のある階級、108〜112ポンド(〜50.802kg)という小さな選手たち…

プライバシーポリシー お問い合わせ