信太のボクシングカフェ

信太のボクシングカフェ

ボクシングが大好きです。大好きなボクシングのおもしろさを、たくさんの皆さんに伝えたくてブログを始めました。アマチュアボクシングを教えてるので、練習方法や基本なども書いていきます。

wowow DAZN

東京オリンピック、アジア・オセアニア予選。鬼頭、津端、岡澤、並木。

東京オリンピックのアジア・オセアニア予選が開催中。

現在、目下開催中の大会です。アジア圏、オセアニア圏の各国の代表選手達がしのぎを削る大会。入賞以上で、オリンピックの出場権を獲得できます。

各国の代表が、オリンピックの出場権をかけて闘う大会なので、勿論オリンピックレベルのハイレベルな闘いが予想される本大会。

日程は3/3〜3/11までとなっていますので、まだ序盤。

昼の部、夜の部と2部制で開催されているようで、昼の部は日本時間で18:00頃から、夜の部は日本時間で翌日の0:00頃からとなっています。

 初日、2日目の昼まではこちら。

boxingcafe.hatenablog.com

2日目の夜、3日目はこちら。

boxingcafe.hatenablog.com

4日目の昼は日本人ボクサーの登場はなく、夜の部に登場。さて、どうだったでしょう!?

女子 ウェルター級 鬼頭茉衣 vs M.Melieva(ウズベキスタン

打たれるのを恐れず、前に出る鬼頭。リズムをとり、ストレートを伸ばすウズベキスタンの選手。ウズベキスタンの選手はやはり上手い。鬼頭は1発目をはずして、接近戦に持ち込みたい!入ろうとする鬼頭に右ストレートが何度か入る。鬼頭はボディーからの入り方が良いですが、右ストレートをもらいすぎか?ジャッジはウズベキスタンの選手を支持。

2R、フック系のコンビネーションが素晴らしい鬼頭。スピードもある。やはり接近戦に活路を見出したい。お互いにクリーンヒットが多い展開。入り際にもらう右が印象が悪い気がします。手数は負けていない!しかし、ポイントはウズベキスタン。10-8をつけたジャッジも。

3R、逆転を狙って更にプレスを強める鬼頭。序盤に鬼頭の渾身の左フックがヒット!下がるウズベキスタン人を追い詰める!効いてるか!?力を振り絞って攻めるも、ウズベキスタン選手、右カウンターで逆襲。フィジカルでも、スタミナでも、気持ちでも負けていない。しかし、技術的な部分とポイントのとり方とか。。。惜しかったです。

ウズベキスタンの選手に判定敗け

女子 ミドル級 津端ありさ vs S.Seong(韓国)

開始早々前に出る津端。高身長な相手。相手の右ストレートを浴びてやや後退。気持ちで負けず、打ち合いの中に活路を見出したい。相手のパンチをガードしてから入る、という入り方はいいと思いますが、韓国の選手も回転力があり、真っ直ぐ伸びるストレートで顔を跳ね上げられてしまいます。

2R、韓国選手の距離で闘ってしまう状態。ストレートで突き放される。津端のパンチがあたり、距離を詰められればラッシュを仕掛けられます。しつこく食い下がる津端。韓国選手の左ボディーが良い。津端も負けじと手をだすが、韓国選手のクリーンヒットの方が多い印象です。

3R、劣勢を挽回できるか津端、この回も前進。前に出たところでジャブをあわせられ、鼻血が出る苦しい展開。1発目を外して潜り込みたいですね。。。入ってくる相手に合わせてくる韓国選手はさすが。ボディーから顔面への左のコンビネーション、韓国選手は割と余裕をもって闘っています。スタンディングダウンを取られる津端。それでも残り30秒、攻める姿勢を貫きゴング。

韓国選手に判定敗け

男子 ウェルター級 岡澤 セオン vs H.Pan(台湾)

f:id:boxingcafe:20200307210437p:plain

岡澤、低いガードポジションからリズムをとって、鋭いステップインでサウスポースタンスからの右を伸ばす。台湾の選手は入り際を狙うスタイル。両者ともにスピードがあり、緊張感のあるラウンド。岡澤のジャブが有効に見えます。ジャッジは岡澤を支持。

2R、ファーストヒットが台湾の選手。前半、台湾の選手が攻勢に出る。後半は岡澤が前に出る。少し不用意にパンチをもらう場面も見受けられますが、ボディーへの右が良い。互いのパンチがヒットし、ラウンド前半は台湾の選手、後半は岡澤と思いますが、ジャッジは台湾の選手を支持。

3R、ポイント的には互角の闘いの中、岡澤がコンビネーションで攻める。相手選手も応酬。両者ともにこのラウンド勝負というのがわかっている。岡澤は冷静に、中間距離から攻め、距離を詰めて攻勢にでます。相手選手は応戦するのに精一杯、カウンター狙いという展開。カウンターは怖いですが、岡澤優勢のように思います。

スピードあふれる両者の攻防、判定は岡澤に。2R目を取られたことでどうなるかと思いましたが、3R目はさすがでした。

台湾の選手に判定勝ち

 

5日目の昼、並木の登場。一回戦としては、アジア・オセアニア予選の日本代表の最後です。

女子 フライ級 並木月海 vs A.Lutsaikhan(モンゴル)

モンゴルの選手よりも随分小さく感じる並木、コンビネーションがスムーズです。小さい体を目一杯に動かし、大きく動いて距離で相手のパンチを外す。大きなサークリングからの、鋭い踏み込みで強打を打ち込む。モンゴル選手はちょっとついていけていない感じもします。

2R、踏み込みが一歩で終わらず、二歩目、三歩目と踏み込む。パッキャオみたいな怒涛の攻撃を見せる並木。リーチ差はあるものの、踏み込んでのジャブ(ストレートに近い)もよく当たる。しかし、押されて転ぶ(スリップ)が少々多いのも気になる。やはり体格差はありますね。

3R、インターバル中に映るミッフィーのタオルがかわいい。1、2ラウンドを明確に取り、少し余裕がでている並木。いい感じに力が抜け、軽やかなステップから鋭い踏み込み、相手のパンチをかわして打つ、がハマっています。右フックのカウンター、左ストレート、どれも素晴らしいです。圧勝と言ってもいいくらいです。

モンゴルの選手に判定勝ち

 

5日目の昼の部までが終わり、残っているのは男子ではウェルター級の岡澤セオン、女子ではフライ級の並木月海フェザー級入江聖奈

今回のアジア・オセアニア予選で、東京オリンピック出場権を獲得するには、

男子ウェルター級では5位

女子フライ級では6位

女子フェザー級では4位

以上の入賞が必要です。

準々決勝に臨む3名は、これに勝利すれば4位以上が確定となりますので、全員出場権獲得。

負けた場合は、順位決定戦に臨む事になります。(Box Off)

次戦の勝利で、是非出場権を勝ち取り、その勢いのままこのアジア・オセアニア予選を制してもらいたいですね!!

今後の出場予定は、日本時間で

3/8(日) 19:15頃 に 岡澤セオン(昼の部5試合目)

3/9(月) 18:00  に 入江聖奈(昼の部1試合目)

3/10(火) 0:15頃 に 並木月海(夜の部2試合目)

となっています。

下記サイトから見れるので、皆で応援しましょう!!!

www.olympicchannel.com

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ