信太のボクシングカフェ

信太のボクシングカフェ

ボクシングが大好きです。大好きなボクシングのおもしろさを、たくさんの皆さんに伝えたくてブログを始めました。アマチュアボクシングを教えてるので、練習方法や基本なども書いていきます。

wowow DAZN

岡澤セオンと並木月海、入江聖奈のアジア・オセアニア予選最終日。

男子にとっては厳しい闘い、女子にとっては快挙となった予選会。

3/3から開催されていた東京オリンピック、アジア・オセアニア予選。本日が最終日となります。

勝っていけば自然と試合数が多くなるアマチュアボクシングでは、最終日まで試合があることはそれだけで誇れる事だと思います。

最終日まで残ったのは、準々決勝で敗退するも、敗者復活戦を勝ち上がり、5位決定戦に臨む男子ウェルター級、岡澤セオン。ここで勝てば東京オリンピック出場権を獲得できます。

そして、女子フライ級の並木月海と、女子フェザー級の入江聖奈は既にベスト4に残った時点で東京オリンピック出場権を獲得しています。今日はアジア・オセアニア予選優勝をかけて、決勝の舞台に臨みます。

boxingcafe.hatenablog.com

 男子はウェルター級・岡澤セオンが孤軍奮闘。5位決定戦に挑む。

f:id:boxingcafe:20200312004858p:plain

岡澤セオン vs Maimaititu Ersun Qiong(中国)

岡澤の方がスピード、キレがあります。相手の打ち終わりにパンチをコネクト。しかし同様に踏み込んでの打ち終わりにストレートを当てられる。アグレッシブに攻め、右ジャブをヒット!岡澤は脚がよく動いています。ヒット数は上かと思いますが、少し打ち終わりに注意したい。ジャッジは、全員岡澤を支持!

2R、脚を使いながら、出入りのボクシング。「ビューティフルカウンター」も決まる!いい感じで闘えています。踏み込んでからくるっと一回転してしまうのは気になります。相手の距離を見切ってきたのか、ストレートのクリーンヒットも。中国選手は前に出て攻めたいんだと思いますが、岡澤は脚を使って、カウンター!なかなか思い通りの戦いができない中国選手。ジャッジはまたも岡澤支持!!このままいけ!!

ラストラウンド、かっと目を見開き、カウンターを狙う岡澤。攻勢を強める中国選手!打ち終わりにだけは注意したいですね。中国選手よりも、単発のパンチだけでなく回転力も岡澤の方が上なので、連続してもらうことはないです。そして岡澤は脚が良い。相手の攻撃に対してバックステップを踏んでも、すぐに攻撃に移れます。じりじりとにじり寄ってくる中国選手ですが、岡澤を捕まえられません!ここでゴング!!3R目のジャッジは割れたようですが、1、2R貯金が生きた!

中国選手に判定勝ち

岡澤セオン、東京オリンピック出場権獲得!(アジア・オセアニア予選5位)

女子フライ級・優勝決定戦を闘う並木月海。

f:id:boxingcafe:20200312004905p:plain

並木月海 vs Chang Yuan(中国)

いつも通り大きく動く並木。やはり身長は中国選手の方が高いですが、鋭い踏み込みでしっかりとストレートが届く。入り際、中国選手のジャブにはじかれる場面もありますが、フィジカルでは負けていない感じです。若干、並木のクリーンヒットが上回ったか、と思いますが。。。ジャッジは3-2と割れた!

2R、先程よりも距離をつめる並木。ラッシュする場面もありますが、距離がつまりすぎてしまうことも。ブレイク後のパンチで中国選手に減点!余裕ができました、並木。近づいたところでボディーもいいです!入り際と離れ際、気をつけたいですね。ジャッジは並木優勢。

3R、後がない中国選手、ぐぐっと距離を詰めてきます。しかし近い距離では並木!プッシングが多くなり、並木がバランスを崩すこともあります。ここで並木が減点!!ラビットパンチ?さあ、正念場!このラウンドはここまで若干中国選手に分があるようにみえます。あとは攻めるしかありません!後半、左ストレートがクリーンヒット!前半は中国選手、後半は並木、かと思います。

そして判定は、中国選手!!

中国選手に判定敗けで、アジア・オセアニア予選準優勝!!

残念でしたが、立派です!!

女子フェザー級・目標にしてきたリンに挑む、入江聖奈。

f:id:boxingcafe:20200312004915p:plain

入江聖奈 vs Lin Yu-Ting(台湾)

入江、気持ちが入っています!いつにも増してキレているような感じがします。いいジャブが入った!リンはテクニックは勿論、フットワークと長いリーチがかなりやっかいですね。遠い距離だとなかなか難しい。。。と思っていましたが、近づいても強いリン選手。これは難しいか。ジャッジ全員がリン。

2R、接近戦からでも攻め込まれてしまう入江。なんとかこの状況を打開できるか?リンのストレートでアゴを跳ね上げられてしまいます。時折いいボディーもあたりますが、リンはカウンターをとり、接近戦での回転も速い。なんとかかわして打ちたい入江!なかなか届かない入江のパンチ、このラウンドもジャッジ全員がリン。

3R、入江、どこまで食い下がれるか!?ガードを固めて力強いパンチを繰り出していきます。しかしこのリン、接近戦でのコンビネーションも素晴らしい。入江はなかなか思う通りのボクシングができません。相打ちで当たる事はありますが、なかなか後が続かない。やはり壁は高い。残り30秒、スタンディングカウントを取られます。その後も果敢に攻めますが、リンの牙城は崩せず。終始一方的な展開になってしまいました。

リン・ユーティン選手へのリベンジは、東京オリンピックへ持ち越し!

入江、アジア・オセアニア予選準優勝!

 

女子ボクシング5階級のうち、2階級でファイナリストを輩出。同じく2階級で、オリンピック出場権を獲得しました。女子ボクシングで初のオリンピック出場権獲得となった並木月海選手入江聖奈選手、本当におめでとうございました!充分な快挙です!!お疲れ様でした!!

4ヶ月後、また更なる成長を遂げ、地元の声援を受けてのメダル獲得、期待しています!

そして、この予選では男子ボクシングは苦戦を強いられました。しかし、岡澤セオン選手が孤軍奮闘し、見事5位で東京オリンピック出場権を獲得!おめでとうございました!!

東京オリンピックでは、開催国枠で男子4階級、女子2階級の出場権が認められています。

今回のアジア・オセアニア予選で獲得した出場枠は男子1階級、女子2階級です。その為、開催国枠として使える残りは、男子3階級となり、今回の予選で敗退した5名の男子選手のうち、3名が選出されることになります。(選考の期限は3/28までとのことです。)

誰が開催国枠でオリンピックに行くのか、そして、5月にパリで開催される世界最終予選はどうなるのか、東京オリンピックへ向けてのこれからの激闘、まだまだ目が離せません!

boxingcafe.hatenablog.com

 

プライバシーポリシー お問い合わせ