信太のボクシングカフェ

信太のボクシングカフェ

ボクシングが大好きです。大好きなボクシングをたくさんの人に見てもらいたくて、その楽しさを伝えていきたいと思います。

wowow DAZN

佐川遼vs丸田陽七太!大注目の日本フェザー級タイトルマッチとLフライユース戦。【観戦記】

2/11(木)ダイヤモンドグローブ。

多くのボクシングファンが注目した、この日本タイトルマッチは2020年のチャンピオン・カーニバル屈指の好カードでした。

しかし、コロナ禍において、試合は日延となり、2021年の2月まで開催がずれ込みます。

それでも気持ちを切らす事なく、この日を迎えた両雄をまずは讃え、この日本タイトルマッチの観戦記を書いていきたいと思います。

↓プレビュー記事 

boxingcafe.hatenablog.com

 

f:id:boxingcafe:20210208215012j:plain


2/11(木)ダイヤモンドグローブ

セミファイナル 日本ユース・ライトフライ級王座決定戦

堀川龍(三迫)3勝(1KO)1分

vs

重岡優大(ワタナベ)2勝(1KO)無敗

B級デビューの若き元トップアマ同士の一戦。3戦目で惜しくもWBO世界ユースタイトル戦を引き分けた堀川と、世界王者候補、アマ81勝の重岡。

アマキャリアに勝り、下位ながら世界ランクを持っている重岡(23歳)に、20歳と更に若い堀川が挑むという構図でしょうか。

↓フルファイト動画

堀川は足でリズムをとり、重岡はややどっしり構えています。堀川はスピーディで好戦的、重岡は非常に静かに前進、後退をします。このラウンドは重岡はしっかりと観察し、カウンター狙いですがプレスもかけていき、ペースは渡しません。

2R、堀川はやはり踏み込み鋭く、先に仕掛けるのは堀川が多いですね。重岡は右リードを伸ばしたまま、攻めも守りもこなし、堀川は先手をとるものの、やや自分のやりたいことができていない印象もあります。

エキサイトしてきた2R、終盤は重岡が左ストレートをヒット。

 

3R、堀川はリズムを大きくとり、踏み込み。これを受けて立った重岡、近めの距離での打ち合い。重岡の入り際に堀川が右をヒット、重岡もここはペースを渡すまいと前進して、連打を見舞います。

危険なタイミングでのパンチの交錯、ともにクリーンヒットを奪い合い、手を出せば相手のパンチが返ってくるという非常に気の抜けない展開が進みます。

4R、重岡の左ボディのタイミングが秀逸。1分過ぎ、重岡のワンツーで堀川がダウン!立ち上がった堀川は臆することなく、手数を出していきます。

重岡はダウンをとっても変わらず右リードを伸ばし、左ボディ、近づいたら回転力のある連打。非常に冷静です。

5R、ダメージを感じさせない堀川、やはり先手をとります。しかし、堀川の鋭い踏み込みは重岡に見切られている雰囲気があります。

堀川の右ストレートの打ち終わり、狙いすました左ストレートをヒットした重岡。大きくぐらついた堀川に、ラッシュをしかけます。

堀川は毅然と打ち返しますが、重岡の勢いに飲まれ、左ストレートを喰らって2度目のダウン。

立ち上がった重岡に、畳み掛けるような連打を見せ、またも左ストレートがヒットしたところでレフェリーがストップしました。

 

重岡優大、5RTKO勝利で日本ユースタイトルを獲得。

勝利者インタビューでは、OPBF東洋太平洋タイトルを狙っていると答えた重岡。OPBF王者は、今回の相手、堀川龍も所属する三迫ジムの堀川謙一。これは大いに可能性はあるかもしれません。

日本王者、矢吹正道(緑)、OPBF東洋太平洋王者、堀川謙一、WBOアジアパシフィック王者、加納陸(大成)、そして日本ユース王者、重岡優大。

日本人世界王者が二人君臨するこの階級は、強豪がひしめき合っています。このコロナ禍の中では、激突は必至、非常に楽しみです。

 

メインイベント

日本フェザー級タイトルマッチ

佐川遼(三迫)10勝(5KO)1敗

vs

丸田陽七太(森岡)10勝(8KO)1敗1分

豊富なアマキャリアを経て、B級デビューも2戦目で初黒星。そこから浮上し、世界挑戦経験者、松本亮(大橋)、阿部麗也(KG大和)といった強豪を退け、見事日本王者となった佐川。王座決定戦、2度の防衛戦は全てサウスポー相手。日本王者となってから、はじめてオーソドックスのボクサーを迎えます。

対して丸田は、アマチュアキャリアを早々と卒業し、高校在学中にプロデビュー。6戦目でベテラン大竹秀典(金子)に初黒星を喫しますが、こちらも溜田剛士(大橋)、元日本王者の大橋健典(角海老宝石)を破るなどして初黒星を喫してから着実にステップアップしてきた印象。

↓フルファイト動画

 

ともすれば持っている力は互角にも思える今回の一戦、ジャブとスピードに優れた丸田が勝るか、右ストレートの佐川が勝るか。

初回、先にプレスをかけるのは丸田。佐川がサークリングしつつ、ジャブ。丸田はやはりリーチが長い。

佐川のジャブは非常にまっすぐ伸びます。丸田のジャブは出どころが多彩、頭の位置を変えながら速いジャブを出すので見えづらいかもしれません。

丸田は自分のリーチの活かし方を知っていますね。素晴らしい左の使い方をします。

2R、丸田のボクシングはスタンスを広くとり、基本的には距離で外すものの、上体の動きも柔らかく、佐川としてはこれを捕まえるのには非常に苦労しそうです。

 

距離としては丸田の方が長い分、佐川はしっかり踏み込まなければ当てる事は難しい。

佐川が右ストレートをヒット、距離を詰めると丸田はこの距離で打ち返し、近い距離で左フックをヒット。ややぐらついたかに見えた佐川。

終盤にもきれいな右をヒットさせた佐川に丸田も応戦。一進一退の攻防!!

3R、佐川がプレス。佐川は距離を詰めなければジャブをもらい続けてしまうためでしょう。近い距離で戦いたい佐川、丸田も強気に打ち返します。

丸田のジャブはここまでよく当たっていますが、佐川の鋭い踏み込みからの右ストレートもヒットしだします。

後半、丸田は距離でこのストレートを外しますが、外しきれない場面も。

しかし最終盤、逆に丸田の右ストレートがヒット、佐川はぐらつき、ロープにもたれかかった瞬間にゴング。これは目が離せません。

 

4R、佐川はダメージはなさそう。ただ、丸田のジャブはやはりよく当たります。佐川もタイミングを少しずらした右ストレート、思い切り近づいての右アッパー等、多彩なパンチでやり返します。

終盤、攻め込んだ丸田に佐川が右カウンターを決めますが、怯まない丸田が左ストレートをヒット、攻防が絶え間なく入れ替わる展開。

5R、ここまではほぼイーブンに思えますが、このラウンドは1分頃に佐川の右がヒット、1分半ほどで佐川の強いジャブもヒット。その後も2分ほどのところでサイド右をヒットした佐川。

ここは明確に佐川のラウンドか、と思ったところで丸田が大きな右スイングをヒット!効いてしまったか佐川に丸田は慌てずに攻め、このラウンドも難しいラウンドとなりました。

途中採点は48-47、49-46✗2、3者ともに丸田を支持。

微妙なラウンドのほとんどが丸田に流れている印象です。やはりジャブと攻める姿勢が印象的なのかもしれません。

6R、分が悪い佐川、戦いやすくなった丸田。このラウンドも佐川の右はヒットしますが、丸田もクリーンヒットを奪います。

 

丸田も佐川のジャブで顎を跳ね上げられる場面もありますが、ディフェンスも非常に良く、佐川の右も多くは距離で外し、致命傷はもらっていません。

7R、開始30秒、危険なタイミングの右ストレートが交錯。丸田はしっかりと距離で外しつつ、自分のジャブは当てます。

近づきたい佐川、ただ近い距離でも丸田は上体の動き、ブロッキングも良く、押し負けてもいません。丸田は接近戦もよく練習してきたのでしょう、非常にスムーズなコンビネーションも出ます。

佐川の攻めにバックステップした丸田、そのまま右ストレートでダウンを奪います。

残り30秒、攻める丸田、ダメージの残る佐川。

残り10秒を告げる拍子木がなる中、ジャブでなく左フックから右ストレートのコンビネーションから入った丸田!そのやや軌道を変えたコンビネーションが功を奏し、そこからの連打につなげます。

ガードの手が下がってしまった佐川を、レフェリーが救い、試合は終わります。

丸田陽七太、7RTKO勝利で日本王者に!

 

素晴らしい、ボクシングでした。丸田陽七太。

佐川遼という強い王者を見事に攻略し、自ら未来への道を切り開いたこの一戦は、これまでの丸田のボクシングの中で間違いなくベストバウトに数えられるものでしょう。

長いリーチを活かし、相手の攻めに対してバックステップして手を出せばジャブが当たる、という驚異的なボクシング。そこから繰り出す右ストレートはしっかりと力を持ち、その後の上体の動きやガードも素晴らしかったです。

群雄割拠のフェザー級、まだ23歳と若く、非常に楽しみな王者が誕生しましたね。

対して敗れた佐川も、非常に素晴らしいボクシングを展開しました。

美しいジャブ、美しい右ストレートを持つ佐川は、おそらく同じ階級で自分よりもリーチのある選手との対戦経験は少なかった事でしょう。

 

優れたストレートパンチャーである佐川は、自分よりもリーチのある相手は間違いなく得意ではありません。これは正直、相性のようなものもありますが、丸田のジャブをもらわないためには、もう少し上体の動きが欲しかったところでしょう。

とはいえ、佐川の能力は疑いようもなく、そしてその右ストレートの威力はこの試合でも何度もお目にかかれました。

非常に当てにくい丸田に対し、幾度となく得意の右をヒットしましたが、惜しくも及ばず。

また次戦に期待したいですね。

そして、今回のこのダイヤモンドグローブの解説は、八重樫東でした。

この日、チャリティーボクシングイベント「Legend」の第2試合に登場し、WBA世界ライトフライ級スーパー王者、京口紘人(ワタナベ)と素晴らしいスパーリングを披露した八重樫は、その足で後楽園ホールへ向かったそうです。

↓「Legend」の感想。

boxingcafe.hatenablog.com

 

この素晴らしいチャリティーイベントと、日程がかぶってしまったのは残念でなりませんが、もし、この日のダイヤモンドグローブを会場で見られた方は、こちらの「Legend」を見ていないかもしれませんね。

当初、AbemaTVのPPV、もしくはU-NEXTのPPVで一週間ほどのアーカイブを残すのみ、ということでしたが、現在はU-NEXTの見放題で視聴できるそうです。

U-NEXTに登録すれば、無料で見られます。もし、まだ見ていない方がいらっしゃれば、是非U-NEXTに登録してご覧ください。感動します。

↓登録後、31日間は無料期間があります。お申し込みはこちら。 

韓流LP

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ