信太のボクシングカフェ

信太のボクシングカフェ

ボクシングが大好きです。大好きなボクシングをたくさんの人に見てもらいたくて、その楽しさを伝えていきたいと思います。

wowow DAZN

エストラーダvsロマゴン前夜。シーサケットの世界前哨戦!【DAZN視聴】

 3/13(土)、タイで行われたWBC世界スーパーフライ級挑戦者決定戦。

その決定戦に勝利すれば、日本時間3/14(日)に行われる、ファン・フランシス・エストラーダ(メキシコ)vsローマン・ゴンサレス(ニカラグア)の勝者への挑戦権が得られる格好となります。

この激アツ階級の一つであるスーパーフライ級は、現在トップ戦線で素晴らしいボクサーが渋滞を起こしかけています。

エストラーダ、ロマゴンの他にもWBO王者の井岡一翔(Ambition)、IBF王者のジェルウィン・アンカハス(フィリピン)、今回登場するシーサケットの他、カルロス・クアドラス(メキシコ)も前戦となるエストラーダ戦では存在感を示しました。

 

エストラーダvsロマゴン戦を皮切りに、統一戦が進めば良いな、という階級ではありますが、ある種最も恐ろしいのはこのシーサケット・ソールンビサイ。

類まれなるタフネスとフィジカルを持ち、49勝中42KOという軽量級において破格のKO率を誇るパンチャーは、誰もが恐れるファイター。

今回のブログでは、タイのリングに登場したシーサケット・ソールンビサイが、元世界王者であるクワンタイ・シスモーゼン(タイ)を相手に戦った、WBC世界スーパーフライ級挑戦者決定戦の観戦記です。

↓プレビュー記事

boxingcafe.hatenablog.com

 

シーサケット・ソールンビサイ(タイ)55戦49勝(42KO)5敗1分

vs

クワンタイ・シスモーゼン(タイ)60戦52勝(28KO)7敗1分

f:id:boxingcafe:20210302224300j:plain

 

王座陥落後、パッとしない印象のシーサケット。WBCの指名挑戦権をかけたこの一戦は、勝利だけでなく勝ち方も問われます。

対してクワンタイも元王者ながら、最近は負けが込み、今回のこの一戦ではアンダードッグの域を出ません。

気になるのは、シーサケットの仕上がりのみ。翌日に行われるファン・フランシス・エストラーダvsローマン・ゴンサレスの勝者に挑む事が規定路線と言えますが、その域まで調子が上がっているのでしょうか。

シーサケットは、エストラーダとは1勝1敗、ロマゴンには2勝。スーパーフライ級最強の一角を担うボクサーであることは疑いありません。老雄、クワンタイを見事仕留められるでしょうか。

 

初回、サウスポーでスタートするシーサケット。エストラーダとの2戦目では、オーソドックススタイルで戦い、それは失敗と言っても良いようなスタイルでしたので、サウスポーに戻っている事は良かった。

1分が立った頃からすぐに近い距離での打ち合い。スタートはやや緩慢に見える動きでしたが、パンチを繰り出すたびにキレをましていくシーサケット。

サウスポースタンスのシーサケットのコンビネーションはスムーズながら、被弾もやや多い印象。それでもヒット数やプレッシャーはシーサケット。

左ストレートから右アッパー、左ストレートというコンビネーションは非常に良いですね、シーサケット。特にこの右アッパーは、クワンタイのガードの隙間を縫って何度となくヒット。

2Rには更にエンジンのかかってきたシーサケット、手数が多く、プレスが強い。クワンタイは打ち返す時間帯すら作れず、既に試合はワンサイド。

 

3R、シーサケットが快調に飛ばします。ワンツーやボディ、左右のアッパーとフック、打ち分けも非常にうまく、何よりもタフでハートの強いシーサケット、クワンタイのパンチを被弾しても一切無反応。これは相手にとって非常に怖い。このあたりがロマゴンにとって相性最悪なところです。

後半、ロープにつまったクワンタイに、執拗に左アッパーを繰り出し、ダウンを奪います。

再開後もロープを背になんとか凌ぐクワンタイ。

4R開始、かと思いきやここでクワンタイが棄権?開始ゴングに応じず、シーサケットの3R終了TKO勝利となりました。

圧倒して当然の相手ではありましたが、しっかりと圧勝したシーサケット。

シーサケットのパワー、フィジカル、タフネスは全くの健在であり、ロマゴンにとっては怖い事この上ない存在ではあります。ただ、動きはやや重そうであり、攻撃時の迫力はロマゴン戦やエストラーダ1戦目と比べると控えめ。

これがモチベーションの差なのか、それともシーサケットの加齢による衰えなのかは不明です。

 

とはいえ、まだまだ怖い存在であるシーサケットは、次戦で、明日行われるエストラーダvsロマゴンの勝者に挑戦する事になると思われますが、それこそが本当のスーパーフライ級最強決定戦なのかもしれません。

そこに井岡、アンカハスは食い込んでいってもらいたいとは思いますが。

今日はまだまだ完璧には程遠いシーサケットでしたが、またタイトルが絡んだ時に期待どおりのパフォーマンスを披露してもらいたいものです。

さて、この試合がメインだと思いますが、メイン後にももう一試合。アジアの興行では結構こういう事がありますね。シーサケットの前にあったWBCアジア・スーパーフライ級タイトルマッチは見ていませんが、折角なのでシーサケット戦後の試合は見てみました。

 

WBCアジア・スーパーバンタム級タイトルマッチ

チャイノイ・ウォラウット(タイ)13戦12勝(12KO)1分

vs

プンルアン・ソーシンユー(タイ)63戦54勝(36KO)9敗

無敗のライジング・スター、「ロックマン」チャイノイ。対してプンルアンは赤穂亮(横浜光)を2Rでノックアウトしたこともある、元世界王者。

弱冠23歳という若きプロスペクト、チャイノイのアンダードッグとして元王者プンルアンが呼ばれたイメージですね。これは物悲しい。

スーパーバンタム級ということで、日本人が絡む階級でもあるので、このチャイノイというボクサーをチェックです。

チャイノイはまずハンドスピードが速い。しかし、意外とついていけているプンルアン。63戦のキャリアは伊達ではありません。プンルアンもよくがんばります。

 

プンルアンのジャブはなかなか良いですが、そのジャブの打ち終わりに右ストレートを当てられ、ボディで削られます。

チャイノイはスピードのあるコンビネーションで何度もプンルアンをのけぞらせますが、プンルアンの気持ちは萎える事なく、前進を繰り返します。

このチャイノイ、12勝中全KOというボクサーですが、その戦績ほどのパワーは感じません。キレはありますが。

体全体のパワーとしても、プンルアンに押されてよろめく場面もあり、フィジカルも強いとは言えないでしょう。ステップは軽やかであり、スピード、キレにはすぐれているのでその部分が怖いところではありますが、日本のトップ・スーパーバンタム、岩佐亮佑や勅使河原弘晶といったボクサーほどではありません。

 

77-73、78-72×2というユナニマスデシジョンでチャイノイが勝利。

戦績ほどの怖さは感じられなかったチャイノイ。しかし、このボクサーはタイのボクサーの中では非常にテクニックに秀でたボクサーにも見えますね。23歳とまだ若く、色々と吸収の途中なのでしょう。

タイといえば、ムエタイから転向することが主流であり、このチャイノイのプロフィールは知りませんが、ステップの踏み方やジャブ、ストレート系のパンチを見るとしっかりと国際式のボクサーの雰囲気を醸しています。

一応、アジアのタイトルを持っているので、もしかすると日本人と絡むかもしれないので、要チェックです。

ということで、明日に控えるスーパーフライ級最強決定戦、ファン・フランシス・エストラーダvsローマン・ゴンサレスの前座の雰囲気のシーサケットvsクワンタイの一戦の観戦記でした。

明日の本番に向けて、私自身も良いウォーミングアップになりました笑

明日が楽しみです!

 

プライバシーポリシー お問い合わせ