信太のボクシングカフェ

信太のボクシングカフェ

ボクシングが大好きです。大好きなボクシングをたくさんの人に見てもらいたくて、その楽しさを伝えていきたいと思います。

wowow DAZN

並木月海がメダルをかけてROUND8に臨む!東京オリンピック、ボクシング競技!!

※投稿時、バグっていまして、題名と内容が異なっているかもしれません。Boxing.jpさん等から来られた方で、田中亮明選手、入江聖奈選手の記事を読みたい方は最後にリンクを貼ってあります。【追記】

 

いよいよ開始された東京オリンピック、ボクシング競技。

東京オリンピックでは、男子8階級、女子5階級でトーナメントが開催されることになっています。

↓オリンピック実施階級についてはこちら

boxingcafe.hatenablog.com

 

f:id:boxingcafe:20210724215019j:plain


トーナメントは、各国の代表となったボクサーが、地域予選(日本でいうとアジア・オセアニア予選)に挑み、その予選を勝ち抜いたボクサーがオリンピックへの出場権を得ます。

本来は、それに加えて最終予選という世界規模で出場権をかけたトーナメントがあるのですが、今回はコロナショックにより最終予選は中止。かわりにIOCの定める世界ランキングの上位者が出場権を獲得しています。

いずれにしろ、国の代表となっただけでは、まだオリンピックへの出場権すらありません。

そしてその厳しい予選を勝ち抜いたボクサーと、今回は開催国枠で数名のボクサーは出場権を得られました。その数は男子4名、女子2名の合計6名。

 

↓オリンピック出場を決めた6選手について

boxingcafe.hatenablog.com

その階級も、合計32名の出場ボクサーがトーナメント形式で争い、各ボクサーは1日1試合しかできないので、柔道や他の競技よりも多くの時間を有します。

ROUND32(1回戦)

→ROUND16(2回戦)※終われば、ベスト8が出揃います。

→ROUND8(3回戦)※終われば、メダルが確定。(3位決定戦は行われず、銅メダルは各階級でふたり)

→準決勝(4回戦)※勝った方は銀以上が確定。負ければ銅メダル。

→決勝(5回戦)

と進んでいきます。

 

東京オリンピック、ボクシング競技は9日目、いよいよ女子フライ級、並木月海がメダルに王手!この準々決勝を勝てばベスト4、銅メダル以上が確定します。

常々、並木は「入江と一緒に金」、そして入江は「並木と一緒に金」と、お互いがお互いを応援しつつ、この東京オリンピックに臨んできました。そして入江は、競技日程の都合上、ひと足先にメダル獲得を決め、前日には決勝進出を決めて銀メダル以上が確定。

並木も並々ならぬ意気込みをもって、今日に臨む事請け合いです。(駄洒落ではありません。)

変なプレッシャーさえかからなければ良いな、といらぬ心配をしつつ、東京オリンピック、女子フライ級準々決勝の観戦記です。

 

女子フライ級準々決勝

イングリット・バレンシア(コロンビア)

vs

並木月海(日本)

イングリット・バレンシアは32歳となるベテランで、数々の国際大会で優勝、もしくはメダル獲得という経験を持ちます。

3度目の五輪出場であり、前回のリオ五輪では銅メダルを獲得している、世界トップクラスのボクサー。

トーナメントを勝ち上がると、当然このようなメダリストに出くわします。しかし、ここは若く勢いのある並木、きっとやってくれると思います。

ほんの少し、緊張しているようにも見える並木の入場。

初回のゴングがなると、並木の動きの素早さに目がいきます。かなり気合が乗っている雰囲気。1回戦、2回戦と比べても非常にアグレッシブ、特に踏み込みの鋭さたるや本当にとでもない。

遠い距離でリズムをとりつつフェイントでしかけ、相手の動きに併せて鋭い踏み込み。近い距離では回転力のある連打を放ち、被弾があっても決して引きません。

 

バレンシアは並木の出入りの際にカウンターを狙っており、これはさすがに怖いところではありますが、それでも先手を譲ることはない、並木。

このラウンドはクリーンヒットは同等としてもスピードでは圧倒、そして攻勢、手数は並木。

ジャッジは5人ともに並木を支持。

2Rも開始と同時にリング中央に躍り出る並木!昨日の入江の勝利が良い発奮材料となったのか、今日の動きは一段とキレているように感じます。

この運動量でこのスピード、パワーを維持できるあたりは本当に素晴らしい。

中盤以降は攻防をしっかりわけ、被弾も少なくなった並木。

 

踏み込めばバレンシアも打ってきて、もみ合いの展開にもなりがちですが、その超接近戦になっても気持ち、フィジカルで負けていません。

このラウンドも5-0で並木!

3R、先程よりも大きく距離をとり、安全圏に身を置く並木。そこから一瞬で大きく踏み込み、攻撃をしていくスタイル。

ポイント優位の中で、無理をする必要はありません。

それでも勿論攻めるべきところは攻め、しっかりとポイントを取りに行きます。

改めて見ると本当に遠い距離から、一瞬で距離をつめるこの踏み込みスピードは、今回のオリンピック最軽量級のフィジカルではありませんね。。。

判定は、5-0で並木!!!

 

今回も!ユナニマスの判定(5-0)で勝利、これで女子フライ級ベスト4!そして、銅メダル以上が確定しました!!!

ここまで3戦、全てそうですが、体格、リーチに勝る相手選手からしっかりと距離をとり、安全圏を確立した上で、そこから大きく相手陣地に攻め込むという常人では考えられないスタイル。

例えるならマイク・タイソン、いや、やはりマニー・パッキャオ。

相対的に、タイソンやパッキャオのような踏み込みのスピードが、並木にはあります。

本当に素晴らしい勝利でした!

次戦は、決勝進出をかけて、8/4(水)、ブルガリアのストイカジェリャスコバ・クラステバ と対戦。並木の試合の次に、NIRVANAの「Smells Like Teen Spirit」で入場していたボクサーですね。(世代ど真ん中で、大好きです)

サウスポースタンス、勿論並木に比べて大きいボクサーではありますが、間違いなく体全体のスピード、ハンドスピードでは勝っています。

準決勝も大いに期待、そして金メダルを獲ってくれると信じています!

 

東京五輪の記録↓

boxingcafe.hatenablog.com

boxingcafe.hatenablog.com

 

 

boxingcafe.hatenablog.com

boxingcafe.hatenablog.com

 

boxingcafe.hatenablog.com

boxingcafe.hatenablog.com

 

boxingcafe.hatenablog.com

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ