信太のボクシングカフェ

信太のボクシングカフェ

ボクシングが大好きです。大好きなボクシングのおもしろさを、たくさんの皆さんに伝えたくてブログを始めました。アマチュアボクシングを教えてるので、練習方法や基本なども書いていきます。

wowow DAZN

ボクシングと一見関係なさそうで少し関係ある話。竹原ピストル!

竹原ピストルのライブに行ってきました!

f:id:boxingcafe:20200110232933j:plain

竹原ピストルの超略歴

竹原ピストルは、1999年、大学時代に知り合ったハマノヒロチカとともにフォークデュオ「野狐禅」を結成し、2003年にメジャーデビュー。

その後、俳優としても活躍し、2009年の野狐禅解散とともにソロデビュー。

2020年1月現在、アルバム「It`s My Life」をひっさげ全国ツアー中!

 

竹原ピストルとボクシング

ということで、ボクシングと一見関係なさそうですが、この竹原ピストル、元アマチュアボクサーです。

千葉県出身、高校時代にボクシングをはじめ、大学は北海道の大学だったそうなのですが、大学時代に全日本選手権に2度、出場。

自らソングライティングをてがける竹原ピストルの曲の中には、ボクシングを題材にしたものが数多くあります。

きっと懸命に、真剣に、そして真摯にボクシングと向き合ってきたんだろう、謙虚でまっすぐな人柄とあいまって、曲と、彼の歌声をきくと感動せずにはおれません!

上手く言えませんが、彼の曲、歌には、本当に心を動かされます。

 

どこまでも謙虚で、感謝の気持ちを忘れない竹原ピストル

歌うときは少し猫背。

敵意がありませんよ、というあらわれか。

わたしはあなたの味方です、そう言われているような気がする。

「あたたかくむかえてくれてありがとうございます」

「こんなに盛り上げてくれてありがとうございます」

「あったかい歌声をありがとうございます」

曲の途中途中、彼のMCはどこまでも謙虚で、常に観客に感謝する。

 

竹原ピストルの書いた詞には、彼の本気がつまっていると思いますが、

このMCにも彼の本音がぎっしりとつまっています。

みんなの心を撃ち抜く竹原ピストルの曲

私が今まで見させてもらった竹原ピストルのライブでは、この曲で始まります。

 


竹原ピストル「オールドルーキー」 MOJO11周年記念ライブ

オールドルーキー

何度でも立ち止まって また何度でも走り始めればいい

必要なのは走り続けることじゃない

走り始め続けることだ
Read more at: http://lyrics.jetmute.com/viewlyrics.php?id=2377985

 

立ち止まってもいい。また走り始めれば。

こらえきれなければ倒れてもいい。また立ち上がれば。

ずっと一生懸命、全速力では走れない。

疲れたら休んで、また、スタートすればいい。

 

がんばりすぎず、マイペースでまたがんばろう、そう思わせてくれる曲です。

 


LIVE IN 和歌山 竹原ピストル

そして全てを肯定してくれる、「LIVE IN 和歌山」

人間、生きているといろいろあります。

自分のことを信じられないときもあるかもしれません。

それでも、全てを肯定してくれます。

歌詞もそうですが、この力づよい、それでいてやさしさのある歌声にほんとに活力をもらえます!

竹原ピストルをあまり知らない友人を連れて行きましたが、その友人も、

心の奥底までメッセージが届いた!あっという間の2時間で、サイコーだった!

と、元気になって、翌日の「病院の検査」という闘いに身を投じていきました笑

信太のおすすめ!ボクシング関連曲!

まずは元WBO世界フライ級チャンピオン、木村翔の入場曲!!

「Forever Young」


竹原ピストル ♪Forever Young♪

そして私の一番好きな曲!!

「カウント10」


カウント10 竹原ピストル

ほんとは覚えているだろ?

ド派手に真っ向から立ち向かって、しかし、

ド派手に真っ向からブッ倒されて、

歪んで、霞んで、 欠けた視界の先にあるそれこそが、

正真正銘、挑み続けるべき明日だってことを。
Read more at:
http://lyrics.jetmute.com/viewlyrics.php?id=2782959 

わたしも生涯、挑み続けたいと思う。

常に青コーナー側から駆け出していきたい。

それも、真正面から。

 

ダウン! から カウント1・2・3・4・5・6・7・8・9までは、

哀しいかな、 神様の類に問答無用で数えられてしまうものなのかもしれない。

だけど、カウント10だけは、自分の諦めが数えるものだ。

ぼくはどんなに打ちのめされようとも、

絶対にカウント10を数えない。
Read more at: http://lyrics.jetmute.com/viewlyrics.php?id=2782959

ボクシングのリングでも、カウント8までは数えられる。

勝ち目がないからといって諦めたらそこで終わり。

「10」は自分の諦めが数える。

私も絶対にカウント10は数えない。

 

私たちは、いつでも自分との闘いの最中にあります。ボクシングでも、人生でも、相手のあるものですが、大切なことはまずは自分に打ち克つ事だと思います。

 

そしてまたどこまでも拳を伸ばす。

と、まあとりあえず4曲ほどの紹介でした。(もしリンク切れしていたらすみません。)

竹原ピストルのライブへ行き、勢いで書いてはみたものの、素晴らしさは全然伝えられない。。。

ぜひぜひ、竹原ピストルの楽曲を聴いて、ライブに行ってみて下さい。

年間200本以上のライブを全国各地でされているので、きっとお近くまできてくれると思います。

 

竹原ピストルの曲を聴いて、ライブへ行けば、きっと人生のプラスになったり、生きる活力が湧いてきたり、悩み事を解決するヒントになったり、落ち込んだ気持ちを晴れ晴れと前向きにさせてくれると、本気で思います!!

 

ちなみに、竹原ピストルは勿論今もまだボクシングが大好きで、この日はオリンピックのボクシングチケットが当たりました!とファンに報告していました。

ガンバレ日本、と日本の選手を応援しますが、どの国の、どの選手も応援したい、と語っていた竹原ピストル。全ての人を応援する、そのやさしい人柄にますます惹かれました!

プライバシーポリシー お問い合わせ